2020.10.07

Williams FW13 HONDA 1987 製作~完成

MKです。

 

今回はウィリアムズFW13Bルノーです。これもかなり古いキット。

 

デカールは見事に黄ばんでいます。

 

拡大すると黄ばんでるの分かりますかね。

 

そこで、リペイントデカールなるものを入手しました。

これなら純正デカールは全て置き換えが可能です。

 

しかし、青の部分。こんな窪みに上手く貼れるかどうか?

 

エアインテークは左右合わせ張りなので合わせ目を消します。

 

タイヤは皮むきします。

 

一気に進みましたがここまで塗装しました。イエローはフィニッシャーズのミディアムイエロー、

青はフィニッシャーズのブライトブルーです。

 

デカール貼るのに裏側からマステで固定しました。

 

リペイントデカールのはずなのに、水に漬けただけで割れました。

 

曲面には上手く貼れそうにないので、ラインのとこでカットして貼りました。

 

ここはデカール貼りましたが、やはり貼りにくい。後のブルーは塗装する事にします。

 

ここも縁取りのラインだけ残してカットします。

 

ここまでやっといて、もう嫌になってきました。嫌な予感がします。

 

ラインはガタガタ、切り残しもあって、模型チカラ下がりまくりです。

 

それでもクリアーでコートしてマスキング。

 

まずはファンデーションブルーで塗装。

 

次にブライトブルーで塗装。

 

ここはデカールの色とそんなに変わらず上手くいきました。

 

マスキング剥がしました。吹きこぼれあるわはみ出しはあるわで散々な状態です。

 

白地に残った黄色を隠すべく、マスキングして白で塗装。

 

マスキング剥がした結果、塗膜もデカールも持っていかれました。

 

とりあえず白をリカバリーします。

 

マスキング剥がした結果、今度は別の所が持っていかれました。

 

それでも!ブライトブルーは塗りました。

 

サイドポンツーンはデカールの余りを切り取って貼りました。多少色が違ってます。

 

そうだ、違う事やって模型チカラ上げよう。ホイールを塗装してデカール貼りました。

 

タイヤマークはまだ黄ばんでなくて使えそうです。

 

タイヤできたー

 

ブレーキの塗り分けもやりました。

 

さあこれどうしようか。迷った挙句、筆でラインを描きました。当然、歪みまくりです。

 

スポンサーデカール貼ると模型チカラが上がります。

 

ここで、SHUNKOモデルのデカールを見つけました。

これは青や黄色は塗装する前提のデカールです。

 

なんと、青の縁取りのデカールが付いてるんですよ。

 

これですこれ。これがあればあんな悩まなくて良かったのに。

 

貼ってみました。少しサイズが違いますが、強引に貼りました。

 

それでもやってしまった事のリカバリにはならず、塗面はガタガタ。

 

とりあえずデカール全部貼りました。

 

組んでいきます。

 

なんとか形になってきました。

 

はい、完成です。このカラーリングはデカールが鬼門ですね。


2020.09.11

Williams FW11B HONDA 1987(STUDIO27トランスキット) 完成

MKです。

 

うちには何故か今、ゲッタードラゴンINFINISTISM3個、RGエヴァ初号機2個、

フィギュアライズ仮面ライダー電王が2個あります。

何故かというと、予約してあるのを忘れて違うサイトで予約してしまうからです。

寝る前にノートPCいじりながら寝るんですが、たぶんこの時に無意識に

やっちゃってるんだと思います。てな訳で余りはメルカリにでも出そうかな。

 

さて、Williams FW11B HONDA 1987(STUDIO27トランスキット) 完成です。

メタルパーツを工作するのは今回が初めてだったので苦労させられました。

デカールにも苦労させられて、粗だらけの完成品となりましたが

見てやってください。


2020.09.09

Williams FW11B HONDA 1987(STUDIO27トランスキット) 製作5

MKです。

 

前回の続きです。

ノーズコーンにフロントウィングを取付。

 

リアウィングも組立。これがまた苦労します。

 

ナイジェル・マンセル!

 

ここまで来ました。

 

ノーズコーン付けました。

 

コックピット横の下にある板状のものありますよね。(茶色線のデカールの下)

これエッチングに置き換えるんですが、気付かずデカール貼ってしまって、曲がって

しまってます。

 

次回、完成です。

 


Next »