FORMULA ONE

Maclaren Mercedes MP4/13 1998 完成

ご無沙汰してます、MKです。

 

発注して3か月待ってこれが届きました。なので製作開始し、無事完成しました。

 

リベットの直径は0.65㎜、軸径が0.5㎜、軸長が1㎜無いくらいです。これを0.5㎜の穴に入れるのは結構しんどかったです。何個ピンセットの先から奈落の底に飛んでいったか。このリベット50個入りで2000円超えるんですよね。もったいない。10個づつ小分け袋に入ったのが5袋。こんなの50個一袋にしてもうちょっと安くしてほしいと思いました。まる。

 

あっ、ヘッドレストの丸いパッド黒く塗るの忘れてる。


Ferrari F60 製作 04

どうも、MKです。

 

ウレタンクリアー吹くにあたり、そのままでは塗膜の厚みでチリが合わなくなるのを防ぐため、マスキングテープとゾルで養生しました。とはいえ剥がす時に気を付けないといけません。

 

あとで気づいたんですが、ここってカーボンファイバーなんですね。赤に塗ってしまってました。

 

念入りに養生します。

 

こういうとこはゾルで。ゾルって便利だけど、一度塗では厚みが稼げないのと、タレて下へ流れて行ってしまうのが難点です。

 

準備OK。

 

このパーツ、内側に押し出しピン跡があるのでラッカーパテで埋めてます。

 

ウレタンクリアーGP2を吹きました。ツヤツヤです。

 

カウルの下側にはハセガワのカーボンフィニッシュを貼りました。

 

排気口周りの黒は、カーボンではなく艶消し黒なので気を付けてください。

 

これで一応完成にはなるんですが、あと1つ、リベットを打つ必要があります。そのリベットがまだ届かないので、これもしばらく凍結します。ハイキューのBLリベットという、真ん中に穴があるリベットです。もう発注から3か月くらい?なんですが、メーカーがまだ用意できないという事で待たされてます。

 


Ferrari F60 製作 03

どうも、MKです。

 

車載カメラの基部?でえすが、迷ったんですが別々に塗装しました。そしたら案の定ツラが出ません。

 

もうここは削り込んでツラを出しました。

 

とりあえずファンデーションピンクを吹いてみる。パネルラインが消えてしまいました。

 

掘るしかないですよねー

 

で、もう一度スクーデリアロッソ’07を吹きました。

 

リヤカウルを剥がす際、プラも剥がれました。

 

シアノンで復活させます。

 

ここは筆塗りしました。

 

でもって削り込んで筆ムラを無くします。

 

カウルを固定するときに流し込み接着剤を点止めしたつもりが、結構流れてしまってます。

 

ここも止ま具が持っていかれました。

 

補修しました。

 

接着剤跡は削り込んで、合うようにしました。

 

反対側も同じ処理をしました。

 

サイドポンツーン下側も描けてしまったので、シアノンで復活させます。

 

次回へ続きます。