Rothmans HONDA NSR500 1989

Rothmans HONDA NSR500 1989 05 完成

MKです。

平成ライダーで一番好きなのは仮面ライダー電王です。

なんたってカッコイイ!中でもソードフォームが一番好きです。

モモタロスのキャラも関俊彦さんの声も大好きです。

某ドラマで女子をムネムネキュンキュンさせたらしい佐藤健さんですが、

自分には良太郎にしか見えません(笑) 本人は嫌でしょうけどね。

それにハナさんこと白鳥百合子さん!どストライクなんです。

残念なことに何かあったようで干されたか心の病気なのか電王途中降板後は

ほとんど活躍が無く、2017年に引退したことが明らかになったようです。

 

俺、参上!イクぜイクぜイクぜーーーー!

てことでこれポチりました(笑)

[amazonjs asin=”B084DFLNQR” locale=”JP” title=”フィギュアライズスタンダード 仮面ライダー電王 ソードフォーム&プラットフォーム 色分け済みプラモデル”]

 

ロスマンズホンダNSR500 1989 完成です。

アンダーカウルがどうしてもキッチリ合いませんでした。

でもこの1台は以前から作りたかったので満足です。

 


Rothmans HONDA NSR500 1989 04

MKです。

最近ゴッドハンドのアルティメットニッパーなるものを買いました。

普通のニッパーは両刃ですがこれは片刃です。片一方が刃でもう一方がまな板の役割をします。

これがまた病みつきになるような切れ味で、普通のニッパーはパチッという感じに対して

ニュルッという感じの切れ味です。普通のニッパーでゲートを敢えて残して、

これでゲートを上手く切ると、ゲート処理が不要なくらい綺麗になります。

ただし、ひねりながら切ったり引っ張りながら切ったりすると簡単に歯がこぼれたり

曲がったりして切れ味が落ちます。自分はこれやっちゃいました。

決して安い買い物ではないので、気を付けましょう。

ただ現在公式でも取り扱いが無いようで、訳アリ版も品切れになってます。

[amazonjs asin=”B01MUGEO9X” locale=”JP” title=”ゴッドハンド(GodHand) アルティメットニッパー5.0 プラモデル用工具 GH-SPN-120″]

 

前回の続きです。パテ盛りました。

 

スムージングします。

 

なんとかリカバリできました。

 

ロスマンズブルーにはフィニッシャーズのブライトブルーを使いました。

吹けば吹くほど濃くなっていくので注意が必要です。

[amazonjs asin=”B00J216KZC” locale=”JP” title=”ブライトブルー”]

 

マスキングします。

 

良い感じ?

 

ちょっと飛びますが、デカール貼ってここまで来ました。

 

ブレーキラインのスパイラルチューブ、いい感じじゃないでしょうか。

 

オレンジチューブはbarchettaさんで。

 

ファスナーにはハイキューのマイナスモールドを使いました。

 

デカール全部貼りました。

 

ウレタンクリアーGP2を吹きました。

 

うーん、カッコ良き。

 

次回完成です。


Rothmans HONDA NSR500 1989 03

MKです。

ハセガワからクラッシャージョウのミネルバ、ファイター1、ファイター2に引き続き

コルドバが出るそうですね。あのコルドバをキット化するなんてハセガワさんすげー。

Amazonではもう予約が始まってます。自分は買いませんけど。笑

[amazonjs asin=”B086TFPVJN” locale=”JP” title=”ハセガワ クリエイターワークスシリーズ クラッシャージョウ コルドバ 1/3000スケール プラモデル CW19″]

 

あと1995年のWRCからランエボⅢが出ますね。ツールドコルスなのでターマック仕様のはず。

これはポチりました。

[amazonjs asin=”B086TF9NS2″ locale=”JP” title=”ハセガワ 1/24 三菱 ランサー GSR エボリューションIII 1995 ツール・ド・コルス プラモデル 20453″]

 

前回の続きです。ブレーキディスクは3色で塗り分け。

 

インナーチューブはハセガワのミラーフィニッシュを貼りました。

 

初回のカウルの下地処理終わりました。

 

サフ吹いてパテ盛って削っての繰り返し。

 

ホイールにブレーキディスクとフロントフォークを組み込み。

 

本体はほぼ完成です。

 

ファンデーションホワイト、EXホワイトを吹きました。

 

が、ここでリヤカウルの開口部のパーツが逆なのに気付きました。

上から力を入れて押してもヒビくらいしか入りません。

 

うりゃー!と押したら見事に外れました。けどキワがガタガタ。

 

外したパーツ。せっかくスムージングしたのに・・・

 

気を取り直して正しい方向に再接着しました。

この後パテ盛って削ってサフ吹いて・・・を繰り返しましたとさ。

 

次回に続きます。