2020.09.04

Williams FW11B HONDA 1987(STUDIO27トランスキット) 製作3

MKです。

 

前回の続きです。

アンダーパネル後端の整流板はエッチングパーツに置き換えます。接着に苦労します。

 

なんだか変な突起があるなと思っていたら、エッチングパーツの受けでした。

溶けたホワイトメタルはハンダを盛って削りだしました。

 

アンダーパネルの先端も切り飛ばします。

 

ラジエーター。これは組むのは簡単なんですが、

 

配置がいまいちわかりません。ついでに言うと、E29、30の位置が分かりません。

結局付けませんでした。

 

エンジンブロック製作進みました。ターボチャージャーの位置が興味深いですね。

完成したら見えなくなるので塗装はしませんでした。

 

フロントウィングの翼端板は2枚のエッチングパーツの貼り合わせです。

 

縁が一部無いのですが、理由が分かりません。

 

そして下端部(E28、26)を曲げる必要があります。どれだけ曲げればいいのか

分からないので適当です。

 

サイドポンツーンは黒瞬着で強引に面を出していきます。

 

削ってサフ吹いて黒瞬着充填して削ってサフ吹いて、の繰り返し。

 

白サフ吹いてみました。まだガタガタですね。

 

メーターはキットのモールドを削り取ってエッチングを貼り付けるスタイル。

 

タイヤは当然のように皮むきします。

 

次回に続きます。


2020.05.06

今2号機が

ジョーシンで売ってますよー

RG 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 正規実用型 2号機(先行量産機)