MG GUNDAM Ver.3.0

MG RX-78-2 GUNDAM Ver.3.0

MKです。

昨日雪降ったけど積もりませんでしたね。さすがに寒かったです。

広い駐車場かなんかで雪の上を車でくるくる回って遊びたいなあ。

 

今回はガンダムVer.3.0です。ボックスアートかっこいいですね。

完成まで一気に行きます。

 

デカールは別売りです。いい加減キット付属にしてほしい。

 

パーツ多いです。

 

さくっと黄色と赤、青のパーツ切り出して塗装します。

ゲート処理くらいでヒケなんかはペーパー掛けしてません。

パネルラインも彫りなおしてません。

さすがにこれはどうなん?てとこはやりますが、

全パーツをペーパー掛けするのも最近アホらしくなってきました(笑)

 

ファンデーションレッド、ファンデーションクリーム、ファンデーションブルーを下地に

自分で調色した赤、黄色、青を塗装、デカール貼りました。

この後フラットクリアー吹きます。

 

胸部。黄色のスリットは小さくて向きもあるので細かい作業になります。

 

胸部完成。胸のダクトはこの形状のほうが好き。

 

コアファイター完成。羽根を引き出して伸ばす機構は良く考えましたね。

?

 

白パーツは自分で調色した3種類と普通の白の4種類を吹きました。

グレーのパーツはメカサフヘビーです。

 

関節部中央にゴールドを塗装するのにマスキングしてます。

 

このガンダムデカール、グレーが網掛けになってますね。コストダウンでしょうか?

ちょっと興ざめしますね。

 

切り出しただけで稼働する拳が出来上がる素晴らしい技術ですが、

気を付けないと折れるしポロポロ取れるしあまり好きではありません。

固定の拳を何種類か付けてくれるほうが有り難いです。

 

え?こういう感じ?第三関節が曲がらないじゃん、と思ってたら

 

恐る恐る曲げたら曲がりました。これで自然な拳になりました。これは敢えて塗装しません。

 

腕部分の内部フレームです。なかなか組みごたえがあります。

 

頭部付けてみました。カメラアイはハイキューのオーロラグリーンです。

 

バックパック完成。バーニア内部はクリアパーツで、クリアーブルーで塗装しました。

 

腕完成。デカールが左右で違うので気を付けてください。

 

関節部の丸モールドはこんな感じで塗装しました。

 

足のパーツ。メカサフライトを吹いてます。

 

脚のフレーム。見えるとこだけ塗装しました。

 

足首完成。

 

脚のパーツはファンデーションホワイトを下地にEXホワイトで塗装。

 

墨入れしてデカール貼って、フラットクリアー吹きます。

 

フラットクリアー吹きました。ここまでくると完成まであと少し。

 

上半身完成。

 

脚組みました。

 

腰部組みました。

 

全部組んだのでどれくらい曲がるか試してます。さすがに最近のMGですね。

 

武器を塗装しています。墨入れしてデカール貼りました。

 

フラットクリアー吹きました。あとは組むだけ

 

ほんで完成!かっこいいですねー

 

 

以上です。

歴代のMGガンダムを組んできましたが、一番組みごたえありました。

当然ちゃあ当然ですが、可動域もプロポーションも一番グッド。

塗装剥げが怖いので動かせませんが(笑)

マスキングや後ハメ加工もしなかったんじゃないかなあ。

あっ、関節部のシール貼る事になってるゴールド部分だけマスキングしたかな。

このクオリティでこの組みやすさは技術の進歩をまざまざと思いさせられます。

 

あと、今回かなり重宝したのがウェーブのパーツオープナー。

[amazonjs asin=”B0071GZXQC” locale=”JP” title=”パーツオープナー”]

いや正直バカにしてました。カッターと調色スティックで今までやってたのですが

これは無理だろうと思ったパーツ同士でもすんなり放すことができます。

間違えてパチッてはめてしまった時とかにかなり役立ちました。

持ってて損は絶対ないと思います。スグレモンです。