Williams FW11 HONDA 1986

Williams FW11 HONDA 1986 製作 04

MKです。

 

フロントウィングにもカーボンフィニッシュ貼りました。

 

コックピット。シュンコーのデカールには何故かメーターのデカールが入って無いので、バルケッタさんのメーターデカールの中から径が合うものを貼りました。

 

シートベルト、バックルは筆塗りです。

 

今更ですが、押し出しピン跡。ここは見えるとこなので埋めます。

 

HONDAの刻印は筆塗り。コードがなかなか硬くて、取り回しに苦労しました。

 

エンジン、ラジエターなんかを載せました。

 

ホイールをグロスの黒で塗装後デカール貼り、オートクリアーでコーティングしてタイヤをセット、タイヤデカールを貼りました。

 

フロントウィング、ブレーキ取付。

 

ピンのモールドは削り落としてインセクトピンに置き変えました。

 

リヤカウルの浮きはアンダートレイに接着してツラが合いました。勝ったな。

 

次回へ続きます。


Williams FW11 HONDA 1986 製作 03

MKです。

 

デカール貼りました。カウル分割線にデカールが被るので、カットするためマスキングテープでアンダーパネルと仮合わせしました。

 

さて、ウレタンクリアーの時間です。

 

この光沢を覚えちゃうと、もうオートクリアー研ぎ出しなんか目もくれなくなりますね。

 

多少の粗があっても、光沢のおかげで綺麗に見えてしまいます(笑)

 

よーく見ると、波打ってたり肌目が粗かったりしますが、ぱっと見すごくきれいに見えるので気に入ってます。吹くだけでいいんですから。

    

 

さて、タイヤセンターにパーティングラインがあるので消します。自作の治具を使ってリューターで回転させ、目の粗いペーパーを押し付けて削っていきます。320番くらいかな。

 

綺麗に一皮むけました。難点は、削ったタイヤカスの掃除がメンドクサイって事(笑)

 

リヤ翼端板内側にはカーボンフィニッシュを貼りました。

 

次回へ続きます。