Home > 1月, 2020

2020.01.29

SUZUKI RGV-Γ500(FUJIMI) 01

MKです。

結局雪はあまり降りませんでしたね。

だけど寒い。寒さが身に染みる年頃なんです。

 

今回はあのシュワンツのガンマです。暴れるマシンを長い手足で抑え込みながら走る

シュワンツのライディング、とてもエキサイティングで好きした。

そのシュワンツのマシンが今になって(もう結構時間経ってますが)キット化、嬉しいですね。

フジミさんの英断には拍手をしたいです。

1988年頃はGP500の黄金期だったような気がします。

シュワンツ、ガードナー、ドゥーハン、ローソン、レイニー、サロン、マギー・・・

見ていてとても心躍る内容でした。2ストの排気音とオイルの匂いも好きでしたね。

 

キット内容

 

エッチングパーツが付いてます。

 

ブレーキディスク、スプロケットには穴が開いてます。素晴らしい。

 

エッチング、なんだか面倒そうなので使わないことにします。

 

カルトグラフの割には発色が良くないデカール。

それに透けそうです。

 

非常に小さいパーツがあります。

 

今回、タミヤのラッカー塗料を試してみました。

 

質感はいいのですが、他のラッカーに比べると乾きが遅いようです。

それに、光沢と書いてあるのにフラットになります。

 

エンジン組んでみました。いまいちどこに接着するのか不明で、パーツの合いも悪いのは

フジミクオリティ。

 

エンジンはシャフトでフレームにマウントするようです。

このシャフト、固定できないのでいちいち動きます。

 

プラグコードは付けないことにしました。

 

 

 

今回はここまで。


2020.01.26

REPSOL HONDA RC211V ’03 05 完成

MKです。

明日から大雪という話ですが、本当かなあ。

まあ関東は積もらないでしょうね。

いや積もらないでほしいスタッドレス無いから。

 

レプソルホンダ RC211V ’03完成です。

 

画像では分かりにくいですが、蛍光オレンジが白デカールに染みています。

クリアーコートした直後はそうでもなかったんですが、

この画像を撮った1か月くらい経った頃から染みてきました。

ウレタンクリアにはシンナーを入れなかったのですが、もともとのシンナー成分が

染み出しを誘発したのだと思います。

良く考えると、ガイアノーツの蛍光色は染料なので、そのせいかもしれません。

次回からは顔料のクレオスの蛍光色を使ってみようと思ってます。

 


2020.01.22

REPSOL HONDA RC211V ’03 04

MKです。

今年は暖冬らしいですが、確かにあまり寒くないですね。

ダウン着ていくと電車やお店の中で暑くて汗かきます。

外は丁度いいのに、やっかいです。

 

さて、サイドカウルはブルーの塗り分けがありますが、

 

インスト見てもいまいちよく分かりません。デカール3枚貼るようですが・・・?

 

ボックスアートを見ると、塗り分けとパーツ分割が良く分かります。

フロントカウルの蛍光オレンジ部分と、サイドカウルの青はデカールを貼るようです。

 

サイドカウルのデカールは色がほとんど黒なので、塗装することにしました。

 

目測でマスキングします。

 

アッパーカウルはデカール貼りました。

 

タンクの羽根のデカールはカーボン柄が付いてます。

 

塗り分け完了し、デカール貼りました。

 

その他のパーツにもデカール貼りました。

今回から水を含ませた綿棒を、ハンダゴテで熱して押し付ける方法に変えました。

デカールフィッターはほとんど使いません。

これがまたかなりいい感じで、なんで今までやらなかったんだという感じ。

 

フロントタイヤ組みました。

 

ここまで組みました。

 

フロントアッパーカウルはいつものインセクトピンでデコレート。

 

今回はここまで。


Next »