« | »

2014.12.19

1/100 MG WING GUNDAM Ver.Ka 進捗 02

 

勝手に止まったり、勝手に車線キープしたり

音がしないようなクルマには死んでも乗りたくありません。

 

前日久しぶりにGran Tourismo 6 をやったんですが、やっぱり面白いですね。

面白いんですが、このシリーズ共通の致命的に残念なところが、音。

まずレーシングカーの車内があんなに静かなはずありません。

天使の咆哮と言われるマツダ787Bのリプレイでの音がダイソンみたいだったり

やっぱりクルマ好きとしては魂が高揚するような音が大事だと思います。

ゲームじゃなくてリアルシミュレーターを謳うんなら、なんとか実現して欲しいところです。

 

最近ガソリン価格が下がってきてるので、ついついアクセルも開きがちですね。

CO2と温暖化の科学的な根拠は無いという事らしいし

温暖化と言ってもここ数年の話で、地球レベル的には誤差の範囲じゃないの?と勝手に思ってます。

 

クルマはやっぱりレシプロですよ。ガーっと空気とガソリン吸って、ブアーっと燃やして、

グアーーーっと加速する。2ストロークのエキゾーストなんて今聞くと鳥肌もんですよね。

 

 

ウィングガンダムの続きです。

赤いパーツを挟んで合わせ目を処理した羽根に、青いパーツをこれまた挟みます。

P1020159s

するとまた合わせ目が出ます。

P1020155s

 

もう一つ青いパーツを挟みますが、ここも合わせ目が出ます。

まあここは黄色いパーツでほとんど隠れるのですが

P1020160s

 

裏は丸出しになります。とはいえ裏なんで軽めに処理します。

P1020161s

 

たかだか2cm四方を塗装するだけで全マスキング

P1020162s

 

ライフルの所々にでかいヒケがあるので処理します。やっぱりピンの表ですね

P1020156s

 

塗りました。設定とはちょっと変えました。

P1020169s

 

弾倉。これも設定とは違う色にしました。下側は真っ白でも良かったんですが、少し色目を付けてあります。

P1020164s

 

シールド組みました。

P1020165s

 

足裏のディティール。

P1020168s

 

何度もマスキングしてようやくここまでになりました。

しかしじーっと見てると、他にいくらでもやりようがあったんじゃないのかと思います。

なんで挟み込み方式にしたのか?バンダイの開発者に小一時間くらい問い詰めたい。

P1020170s

 

後ハメ加工したパーツをハメます。塗膜でハマり辛くなってるので微調整しながら慎重に

P1020171s

 

パチーン!ふえへへへへ

P1020172s

 

 

このあとまだデカール貼りという大きな作業が残っております。

 

 

to be continued….

 

 

 


Trackback URL

Comment & Trackback

コメントはありません。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>