REPSOL HONDA NSR500 1998

P1010589s

製作開始しました。

 

P1010596s

カウルとタンク。接着跡とパーティングラインを処理します。タンクは凹んでる部分が難しい。

 

P1010597s

エンジン部分。ダクトは完成時カウルの外に出るので、パーティングラインを丁寧に処理します。

 

P1010598s

チャンバー。中抜きされたパーツに蓋をする感じで組むようになってます。

これもパーティングラインと接着跡を処理。

 

バブル世代にとっては2輪レーサーと言えばGP500マシンなので、組んでて楽しいですね。

来週は法事で実家に帰省するので、製作はお休みです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。