ブラックサフェーサー

カウルとタンク、ホイールにブラックサフェーサーを吹きました。

普通のサフェーサーでもいいのですが、一度黒くして光の透過を抑えたほうが硬質感が出るので

愛用してます。

P1010610s

 

アッパーカウルのウィンドウ下のリベットはメタルパーツに置き換えるため、

削り落として0.4mmの穴を開けてます。

P1010611s

 

 

アンダーカウルのファスナーもメタルパーツに置き換えるので、2mmの穴をピンバイスで開口。

少し大きめに見えますが、理由はちゃんとあります。

P1010612s

 

受けとなるアッパーカウルは0.6mmで開口。

P1010613s

 

バイクモデルは久しぶりなんですが、リベットなんかのメタルパーツを出しているメーカーが今、

本当に限られてますね。

出していても生産終了とかで品薄状態のようです。なんとかならんかこれ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。