Home > 7月, 2018

2018.07.29

Williams FW16 RENAULT San Marino GP 1994 製作開始

ウィリアムズルノーFW16 サンマリノGP

セナの最後のマシン。感慨深いですがサクッと進めることにします。

 

まずフロントブロック。合わせ目が出るので消す必要があります。

シートは挟み込みなので接着しています。

 

ウィングは接合部にゲートがあるのでこのまま塗装出来そうです。

 

リヤカウルにはパーティングラインがあるので消しましょう

 

ヒケが多いので珍しくサフ吹いて研ぎ出しなんかしています。

ノーズコーンとトップのパーツはマスキングゾルで仮止めしています。

 

下地処理後にファンデーションホワイト、ピュアホワイトで塗装しました。

 

マスキングシールが入ってます。これは助かる。

 

ロスマンズのデカールはタブデザインのオプションデカールを使います。

これはウィリアムズロゴの金が金箔になってるやつ。

どっかでクリアコートすると流れると見たことがあるのでクリアコート後最後に貼ります。


2018.07.23

McLaren MP4/6 HONDA 完成

リヤウィング翼端版にデカール貼ります。クリアコートはしません。

 

フロントウィング下部はタンで塗装しました。

 

ウィング組立

 

ウィング取付

 

ダッシュボード部はエナメルのセミグロスブラックで塗装、ふき取り。

 

リヤウィング取付

 

開口しておいた穴にインセクトピンを取付

サイドポンツーンのエアアウトレット周囲の穴は資料を見る限り

穴が開いているだけに見えたのでそのままです。

 

キルスイッチは真鍮線で再現

 

裏面。これが邪魔してカウルが上手くセットできませんでしたが

強引に瞬着を使って接着しました。

 

でもって完成!カウルの吹きこぼれも修正済みです

 

ヘッドレストに裏面をセミグロスブラックで塗装した時の吹きこぼれがありますが

このあとちゃんとふき取りました(笑)


2018.07.20

McLaren MP4/6 HONDA 蛍光レッド塗装

 

このキットのマスキング紙は厚みのあるシールになってます。

いまいちよう分からん説明書き・・・

 

マスキングテープではなく紙なので、曲面には追従しません。

 

左右同じに貼るのは至難の業です。

 

それでも強引に曲げながらマスキングテープで補完するように貼りました。

 

デカール部は紙で保護してあります。

 

他のパーツも一緒に、MP4レッド、蛍光ピンクの順で吹きました。

 

さあマスキングは如何に?

やはり吹きこぼれが多数あります。

 

これは筆でリタッチするしかないですね。

 

こういうのはペーパーがけで削ってコンパウンドで磨きます。


Next »