Home > 3月, 2018

2018.03.31

ランチャ・デルタ・インデグラーレ WRC 1992 ボディの下地処理後塗装

このキットのボディ、どれがパーティングラインか分かりにくいようになってます。

窓枠も結構歪んでてひどいですね。

 

なので、元々手を付けて放置していたほうのキットのボディを使うことにしました。

サフェーサーは吹いてしまってますが、ある程度修正済なので楽します。

 

先日加工したバンパーを接着。

ただし、ここで注意してください。サイドのウィンカー2か所と

Bピラーのランチャのエンブレムは削り取ってください。

自分は最後まで気が付きませんでした。

 

いつものEXブラック、EXホワイトで塗装。


2018.03.28

ランチャ・デルタ・インデグラーレ WRC 1992 タイヤ皮むき器製作

インテグラーレのタイヤは17インチ?なんでしょうか。

インプレッサの18インチホイール皮むき器には入りませんでした。

 

デカール用に落札したキットの中からホイールを1個拝借します。

 

中心に2mmの穴を開けます。このとき正確に中心を出すのは困難なので

少し余裕をもって空けておきます。2.1㎜くらいがベスト。

 

2㎜の真鍮線を通します。

 

エポキシパテをねりねりします。

 

ホイール内部に押し込みます。ここで手でくるくる回して、なるだけブレないようにします。

ある程度硬化してからもブレないように修正します。すると必ず若干の隙間が出来るので

その都度エポパテを押し込んで固定します。

最終的には硬化後に真鍮線を抜いて、瞬着でガッチリ固定します。


2018.03.26

ランチャ・デルタ・インデグラーレ WRC 1992 内装の塗装

内装はガンメタルの指定なんですが、きっとカーボンなんでしょうね。

 

マスキング適当なのでまあ、吹きこぼしとかあるよねー。

 

シートがミドルストーンとRMLグレー75の塗り分けなんですが・・・

 

この指定でどう塗り分けるか分かりますか?

ちなみにH71 21がミドルストーン、H69 37 がRMLグレー75です。

 

検索してみましたがはっきり分からないんで、もうこのようにしました。


Next »