Home > 2月, 2018

2018.02.26

ランサーエヴォリューションⅥ WRC 1999 ボディの塗装

いつものようにEXブラックで塗装します。

若干サンディングの跡が分かりますが1500番くらいかけてあれば気にしません。

 

で、マスキングですよ。ガイドも目印も何もない。資料なんかを見て

アタリをつけるしかありません。

 

とりあえず吹いてみました。

 

吹きこぼしやラインが歪んでたりしますが、赤のマスキングでうまくいくはず・・・

 

画像はありませんが、ファンデーションピンク、フィニッシャーズのブライトレッドで塗装。

 

うん、なかなかいい色だ、上手く吹けた・・・とマスキングを剥がしてがっくり。

 

だめだこりゃ。やりなおし。


2018.02.24

ランサーエヴォリューションⅥ WRC 1999 製作開始

ずっと気になってたのに作ってなかったのがこれ。ランエボ6.

ただこれグラベル仕様なので車高が高いんですよね。

あとマルボロデカールも入って無いし。

 

とそこは信頼と安心のタミヤさん、きっちりターマーック仕様の足回りとホイールが同梱されてます。

マルボロデカールはずいぶん昔ですが調達済みでした。1999年モンテカルロ仕様です。

こうなるともう後は作るだけです。

 

これは後輪のハブ部分ですが、なぜか成形色が白と黒になってます。

これを赤と青で塗装する訳です。

 

赤と青は下地色に影響しますので、こういう時にサフを吹きます。

 

エボシリーズは左右で赤と青に塗るところが多いです。

 

ブレーキ。ディスクはメッキシルバーNET、ベルハウジングは自作のキャリパーゴールド

キャリパーはこれも自作のチタンゴールドで塗り分けました。

 

シャシー裏側。

 

最低限に塗り分けたパーツを組んでいきます。

 

で、ほとんど見えなくなります。笑

 

ここで車高チェック。

 

なかなかいい感じですね。

 

車高が確認できたので、車内もさくっと製作。


2018.02.22

アルファロメオ 155 V6 TI デカール貼ります

ディープレッドは特に問題もなく吹きました。

さっそくデカール貼ります。ミュージアムコレクションのデカールは分厚くて硬いです。

マークセッター、ソフター使ってもなかなか馴染んでくれません。

そのくせ強く押し付けるとヒビ割れます。

 

ウィンドウはシール付いてないんでデザインナイフでマスキング。

 

とりあえずデカール全部貼りました。サイドシルとリヤウィングもカーボンなんでしょうけど

面倒なので指定のガンメタルで塗装してます。

ドライバーはゼッケン8のラリーニを選びました。

 

ウィンドウも黒枠塗装してデカール貼りました。

 

問題のヘッドライトです。クリアーパーツを付けた状態。

 

デカール貼りました。

 

・・・・まあ、いいか。

プラのほうにモールドしてくれれば自然なのに。


Next »