Home > 8月, 2014

2014.08.25

チャンバー、サイレンサー、フレーム

 

フロントタイヤ、ブレーキディスクの塗り分けによって情報量が豊かになりました。

P1010691s

 

リヤタイヤ。
P1010690s

 

フレーム、エンジン。パイピングはこれからです。

P1010689s

 

丁寧に塗り分ける事でリアルさが出てきます
P1010688s

 

チェーンは塗り分けが大変なんです。
P1010687s

P1010686s

 

 

サイレンサー完成です。

P1010727s

 

チャンバーをセットしてみました。いい感じ?
P1010729s

P1010760s
P1010761s
P1010762s
P1010763s

 

これはフロントフォーク。塗り分け後キャリパーのホースジョイントをメタルパーツに置き換えました。

ゴールドのキャリパーから黒いホースまでに4個のメタルパーツを使いましたが、写真では対して変わりませんね

大きさがわかりやすいように綿棒を置いてみました(笑)
P1010764s

 

 

映画「ホットロード」、能年玲奈ちゃんは見たいけどエグザイル大嫌いなんでどうしようか。

それよりトランスフォーマーが見たいかな。

あ、そうそう、火曜日にエヴァ劇場版「Air/まごころを、君に」民法でやりますね。

なぜこのタイミングでAirなんでしょうか。


2014.08.17

MG グフカスタム 製作開始しました。

 

とある人からリクエストがありまして・・・グフカスタムの製作を始めました。

P1010737s

 

結構古いキットなので、表面処理が大変そうです。

P1010738s

 

番号が無いと組み立てに支障がありそうなパーツ以外を全部切り離します。

P1010739s

 

いたるところにヒケやソリがあります。これはスネの部分。

P1010746s

 

サンディングするとよくわかります。

P1010747s

 

裾部分もパーティングライン、ソリが派手にあります。

P1010745s

 

サンディング後。パネルラインは深く掘り足しています。

P1010749s

 

脛の横の部分は別ユニットであることが分かりやすいように、ラインを掘り足します。

P1010750s

 

処理後。モールドも掘り足しています。今はラインチゼルという便利なツールがありますね。

P1010751s

 

大人の事情で尖ってない部分は尖らせます。左が処理後、右がオリジナル。

P1010752s

 

全てのパーツの全ての面をサンディングして下地を出していきます。

この工程が終わったら洗浄してサーフェーサーを吹きます。

 

 


2014.08.12

デカールの悪夢

 

デカールを貼りました。が、ここで悪夢に見舞われるとは思いもしませんでした。

P1010668s

 

ようは古いキットなので劣化しており、柔軟性がかなり下がってました。

乾燥した海苔のように、少し曲げるとパリパリ割れてきます。

一応冷暗所に保管していたのですが、やっぱりだめですね。

P1010669s

 

このシワはどうしようもありません。重なる部分は濃くなってしまってます。

塗装にしようかなーと悩んでやめたんだけど、塗装にすればよかった・・・

P1010670s

P1010671s

 

蛍光オレンジ部分はまだ鮮やかなんですが、こんな有様です。

P1010672s

P1010673s

P1010674s

 

軽く考えてたんだけどこのキット、もう既に生産終了なんですね。

タミヤにデカールをパーツ請求したらパーツ代が少額小為替で返送されてきました。

今後はスポット生産を待つか、中古でプレミア価格で手に入れるしかないようです。

 

悩んでてもしょうがないのでマスキングして塗装、リタッチします。マスキングにはテープとゾルを使います。

完成まで何があっても諦めない!上達するにはこれが大事です(笑)

P1010707s

 

最初の塗装はやっぱり抵抗があります。が、もう元には戻れません!

P1010713s

 

ゼッケン部分の青いのはマスキングゾルです。蛍光オレンジを塗装中。

P1010714s

 

マスキング剥がしたら、下のデカールが持っていかれました・・・で、またマスキング(笑)

P1010718s

 

一度ファンデーションホワイトで白く塗装して、段差をサンディングで消します。

P1010721s

 

で、また蛍光オレンジ塗装。何やってるんでしょうか。

P1010722s

 

蛍光オレンジ塗装後、マスキングしてゼッケン部分の白を塗装します。

P1010732s

 

で、クリアー塗装。タンクの蛍光オレンジもアッパーカウルと色味が異なってしまったので

マスキングして塗装してあります。

P1010753s

P1010754s

 

アンダーカウルの蛍光レッドも何度かタッチアップ&塗装しなおしてます。

P1010755s

 

リヤカウルも何度か修正してクリアー塗装まで完了しました。

P1010756s

 

P1010757s

 

アッパーカウルもなんとかここまでになりました。

P1010758s

P1010759s

 

クリアーを吹き重ねたので、十分に乾燥させてから研ぎ出しをします。

 


Next »