2018.04.09

IMPREZA WRC 2004 RALLY JAPAN 製作開始

次の積んでるキットはこれです。

GCは2台、丸目は3台組みましたが、涙目はまだ組んでませんでした。

タミヤからは2004年ラリー・ジャパン仕様と2005年ラリー・モンテカルロ仕様が

出ています。まず2004年、次に2005年の順で組んでいきます。

 

テールランプは塗装いらず。楽でいいです。

 

ライトレンズ内部もメッキ処理してあり、これも楽です。

 

ホイールはゴールドで塗装されています。後で分かったんですが、これメッキではありません。

シンナーに付けて一旦落とし、フィニッシャーズの青金で塗装します。

 

デカールはまだ綺麗ですが、劣化してないかどうか・・・

 

ここからボディの下地処理です。パーティングラインを消し、

 

ボンピンはさかつう製のが手に入ったので、穴を開けます。

 

フォグランプ取付用のピンも穴を開けます。

 

ボンネットスクープはボディに接着しておきます。

 

本棚と例えられた派手なリアウィングですが、驚愕の一体成型となっています。

当然パーティングラインがあるので処理します。しかし、これ塗り分けが難しいのでは。

 

 

ここでツールの話。ピンバイスの0.3mmですが、すぐ折れるんです。

今までセットになってるものを使ってましたが、

 

個別売りのものを買ってみました。なんでも強度も高く折れにくいそうです。

 

いやいや、すぐ折れましたよ、タミヤさん!

そんな力入れてないし、曲げてもないんですけど!

 

他ではWAVEの交換型のピンバイスを使ってます。これワンタッチで変えられるので便利。

が、これあんまり削れないんですよね。穴開けるのにけっちゃ時間かかる。

0.3㎜くらいの精密なサイズも無いし。

 

これがドリル。径も彫ってあって分かりやすいです。

 

これがタミヤのすぐ折れるドリル。径は印字されてます。

ドリル部分が短すぎませんかね?

 

プロクソンのリューター用に0.3mmまでのがあったんで買ってみました。

さすがに折れにくいでしょう。まだ使ってませんが。


2018.03.28

ランチャ・デルタ・インデグラーレ WRC 1992 タイヤ皮むき器製作

インテグラーレのタイヤは17インチ?なんでしょうか。

インプレッサの18インチホイール皮むき器には入りませんでした。

 

デカール用に落札したキットの中からホイールを1個拝借します。

 

中心に2mmの穴を開けます。このとき正確に中心を出すのは困難なので

少し余裕をもって空けておきます。2.1㎜くらいがベスト。

 

2㎜の真鍮線を通します。

 

エポキシパテをねりねりします。

 

ホイール内部に押し込みます。ここで手でくるくる回して、なるだけブレないようにします。

ある程度硬化してからもブレないように修正します。すると必ず若干の隙間が出来るので

その都度エポパテを押し込んで固定します。

最終的には硬化後に真鍮線を抜いて、瞬着でガッチリ固定します。


2018.01.24

コンプレッサー レトラ517

今日は愛用してるコンプレッサーの紹介をします。

今は無きレトラセットの5/17というモデル。買ったのは今から25年前。

当時で11万くらいしました。

後にWAVEの517だっけ?で色がシルバーで発売されてましたが、現在もう見かけません。

このコンプレッサーとにかく静かなんです。動いてるかどうかわからないくらい。

先日も夜使ってうっかり消すの忘れて次の夜まで動いてました。

普段のメンテは水抜きくらいでそれ以外はたまにオイル交換とフィルター交換くらいです。

オイルはもう2年以上変えてなかったせいか、カラカラ音がするようになったので先日替えました。

 

純正のオイルはJUN-AIRで6000円くらいします。

そんなのに金かけたくないのでホームセンターで売ってるタービンオイルを使います。

適正粘度は32だそうです。

 

上部にあるドレンボルトを外して本体を逆さまにしてオイルを抜きます。

ドレンボルトは22インチで丁度です。

 

オイルは入れずぎると電源が付いたり消えたりという現象が起こるので、

ゲージ見て適正量を入れましょう。

1リッターも入りません。600mlくらいでしょうか。

 

あと、エアフィルターですが、これも交換すると高いので分解して洗浄してます。

思いっきり上下に力技で引っ張ると分解できます。

 

3層のフィルターが入ってます。これで新品3000円以上はします。

中性洗剤で良くもみ洗いして乾燥させたら元に戻します。

 

 


Next »