2018.04.05

ランチャ・デルタ・インデグラーレ WRC 1992 デカール貼り2

貼ってしまったのは仕方ないとして、残ったのだけでも綺麗に貼ろうと思い

スキャナで取り込んでデータ化してサイズ合わせまでに何判も印刷しようと

途方もない作業をしようと決心しました。

 

もう2年は電源入れてないアルプスのMD-5500 の電源ボタンを押しました。

 

ンーガチャッ キーガガガっ!!

 

と音がしたきり動きません。ERRORランプが点灯してます。

フタを開けて見たりALPSのサイトみて接点クリーニングしても同じです。

 

良く見ると、右から2番目のスプリングが浮いてませんか?

推測するに、一番右にあるヘッドが電源ONで左に動いてスプリングに引っかかって

ガガガッ!という音がしてるのではと。

少し無理にスプリングを奥に押し込んでみましたが、ヘッドは往復してるっぽいけど

ERRORのランプが点灯してだめです。

もうこれは象さんに法外なお金払って修理出すしかないかもですね。

てことで自作は諦めました。

 

フロントのMARTINIは旧キットの黄ばんだデカールから切り出して貼りました。

 

サイドのSPORTINEはTLINの部分がどっか行っちゃいました。

もう筆で書くしかありません。

他の部分のタッチアップは幸い下記の色でピッタリでした。

濃紺=クレオスの326番

水色=フィニッシャーズのスカイブルーに白少量

赤=ガイアノーツのマーズブライトレッド

 

MICHELINのINが手書きです。

 

SPORTLINEのTLINEが手書きです。ここはブリスターフェンダーの最初の部分なんで

めっちゃむずいです。墨入れ用ガンダムマーカー極細に白があればいいのに。

 

古いのから貼ってはみましたが、前のMARTINIなんて修正不可能です。

大体、フィンがある部分がきっちりの形はおかしいでしょうが。

フィンの部分だけ縦に伸ばしてくれないとさあ。ハセガワさんよお。

 

もう遠目には気にならない、いやなるけどもうこれでクリア吹きます。


2016.02.28

MG ガンダムマークⅡ Ver.02 進捗03

MGガンダムマーク2(Ver.02)続きです。

 

ビームサーベルはパーティングラインを消して、先端を尖らせます。

IMG_20160225_010641s

 

プライマー、クリア、蛍光ピンクの順で塗装。

IMG_20160227_015924s

 

メンテナンス台?はオマケのつもりでしょうか、かなり大雑把な出来です。

金型も適当に作ったのかヒケ、ソリ、パーティングラインがかなりあるのでできる範囲で処理します。

写真は塗装前です。

IMG_20160227_015220s

 

ランドセルのチューブもHiQのものに変えました。

バーニアはメッキシルバーで塗装、内部はクリアーレッド。メタルパイプで2重構造にしました。

IMG_20160227_015631s

 

パーツ構成に疑問が残るバズーカは砲身を白で塗装、外装も先に1次塗装します。カラーはクレオスのミッドナイトブルー。

IMG_20160227_020106s

 

外装をはり合わせる前に砲身をマスキングします。後で剥がせるように切り出します。しんどい作業です。

これではパーツの分割の意味が全く意味がありません。

IMG_20160227_021628s

 

外装をガッチャンコ。こんな感じに合わさります。

当然、外装はセンターに合わせ目が出来るので、瞬着で埋めてサンディングします。

IMG_20160227_022424s

 

シールド裏側は怒涛のマスキング塗り分け地獄です。しなくてもよかったけど。

メッキシルバーの輝きは写真ではあまり伝わらないですね。

IMG_20160227_023309s

 

上半身ブロック。肩上部の装甲が内部に埋もれる構造なんですが、クリアランスがギリギリなので

ボディ側を削り込んで調整しています。センサーはミラージュグリーン、

首元の丸デカールは自作のメタリックデカールを貼り込みました。

IMG_20160227_023522s

 

下腕部の装甲も腕を可動させるとスライド連動で内部に埋もれるのですが、ここもギリギリなんで

クリアランスを確保しています。とはいえ注意が必要ですけど。

全体的なスナップフィットの精度は甘いのに、こういうとこだけギリなんだよなあ。

IMG_20160227_023611s

 

バズーカ、ライフルのエネルギーパックの丸モールドには自作のメタリックデカールを貼り込みました。

これも写真ではあまり伝わらないですね。

IMG_20160228_023917s

 

足首の装甲にはメタルパイプとリベットでデコレートしてみました。

IMG_20160224_022453s

 

 

ふと思うのですが、ここってスパム業者以外の人見てくれてるのでしょうか・・・?

ブログやHPを更新した次の日あたりにSEO関連の迷惑電話があったり、怖い世の中ですわ。

 

次回はいよいよ完成です。(たぶん)

 

to be continued…

 


2016.02.23

MG ガンダムマークⅡ Ver.02 進捗02

マーク2続きです。

フレームはオーソドックスなグレーで塗装。シルバーとゴールドをアクセントに塗装しました。

キットのパイプがチャチいのでHiQのものに交換しました。

膝裏が2.5mm、アキレス健のとこが2.8mmでピッタリ。

IMG_20160209_022055s

 

頭部バルカンは左右合わせ貼り。バズーカ砲身が一体成型できるのにこれはしないんだ。

アンテナは差し込みでいいじゃんて気がする。んー中途半端。

IMG_20160212_015042s

 

これは脹脛にあたるアーマーパーツ。なんだかわからないモールドがあって、なんとなくゴールドにしたくなりました。

普通にメカサフ、黒、白の順で吹きまして、スミ入れ、白部分をマスキングしてゴールド塗装。

デカールを貼って、今度はゴールド部分をマスキングしてフラットクリアでコーティング。

左が完成、右がマスキング状態。フラットホワイトにゴールドがキラリンと光ります。

IMG_20160222_035624s

 

ビームライフルのマガジンにもなんだかわからないモールドがあって、シルバーにしたくなりました。

これも左右2分割の合わせ貼りで、瞬着で固定して合わせ目をペーパーで消して下地作り、

メカサフ吹いて足付け、ネービーブルーを塗装、モールド以外の部分をマスキングしてモールド部分を

一度黒で塗装、その上にメッキシルバーを塗装、マスキング剥がしてデカール貼って、今度はメッキシルバー部分を

マスキングしてフラットクリアーでコーティング。フラットなマガジン表面にシルバーがキラリンと輝きます。

IMG_20160221_015602s

 

問題の顔。オーロラグリーンを貼るのでツインアイをグロスブラックで塗装します。

反射率を最大にするため、ツヤッツヤに塗装します。(これ大事)

IMG_20160214_201401s

 

オーロラグリーン貼りました。よく切れるデザインナイフで適当な大きさに切りだして貼り、

貼った後にツインアイの形に切り出します。よく切れるデザインナイフ。これ大事。

メインカメラにも貼りました。光の加減でグリーンとブルーに偏光します。

IMG_20160214_203809s

 

あらかじめ塗装しておいたマスク部にセットして、ヘルメットパーツを貼り合わせました。

IMG_20160214_205120s

 

これをマスキングします。複雑な形状なので細切りしたテープを使って覆うように貼ります。

メインカメラもマスキング。このあと前後の合わせ目を瞬着で埋めて合わせ目消し、メカサフ塗装です。

IMG_20160214_210939s

 

メカサフの後、黒で塗装しました。グロスです。

IMG_20160215_030310s

 

ここで、後頭部のサブカメラにオーロラグリーンを貼ります。

IMG_20160215_030331s

IMG_20160215_030832_BURST003s

 

これをマスキング。このあと白塗装、スミ入れ、デカール貼り、フラットクリアーの作業となります。

IMG_20160215_031131s

 

自作デカール。キレてないので余白を切ります。限界まで追い込みます。

今回は市販の別売りMk2専用水転写デカールと自作デカールを使います。

IMG_20160217_211325s

 

貼るときはマークセッターとマークソフターを使っています。一言でいうとセッターはデカールの糊、ソフターは軟化剤です。

セッターにもソフター成分が入っているらしいのですが、弱いです。

ソフターだけだとデカールにもともと付着していた糊成分が流れてしまった場合は剥がれるリスクが発生します。

なので何も考えずにセッターとソフターをたっぷり付けます。

市販のデカールの場合、20-30秒ほど、自作デカール(WAVEのデカールシート)の場合は15秒ほどで

水で濡らした綿棒をくるりんくるりんしながら余計な水分をタオルなどで吸い取らせて圧着していきます。

IMG_20160220_013049s

それでも特に市販のデカールはシルバリング(デカールが密着せず浮いて空気が入った状態)が起こります。

そういう時はあわてず騒がず、まずソフターを塗ります。塗るというより水玉を乗せるという感じ。

デザインナイフでデカールの端を浮かせる(実際には浮かせない)ようになでつけると、毛細血管現象のように

水がしゃわしゃわと入っていきます。こうなってから20-30秒、同じく綿棒くるりんで圧着させます。

 

それから、セッターとソフターを両方使う理由がもう一つあって、マークセッターって何故か濡れたところが白くなるんですよ。

それどころか、水滴の跡(クルマの洗車用語で言うとウロコ、イオンデポジット)が起こるのです。

マークセッターが発売になった当時、クレオスに問い合わせしてみましたら丁寧な返事が来て

結局は効果が強い場合は水で薄めて欲しい、とのことでした。なのでセッターだけ使う人は注意してください。

つまりソフターはセッターを薄める意味もあって両方使っていますよ、という事が言いたかったのでした。

 

 

デカール貼った状態。スミ入れ、フラットクリアーコーティングも終わってます。

耳のモールドまわりにパネルラインがほしいところですが、頬の綺麗な曲面を生かす意味で何もしないことにしました。

IMG_20160220_021643s

 

マスキング剥がして塗装しておいたアンテナ設置。

IMG_20160223_030056s

 

なんだか猫の目みたいですな。これテレビの画面が映り込んでるんです。

IMG_20160223_030159s

 

 

to be continued….


Next »